2004年10月24日

56*ロックンロール

ku56.jpg

 寒くなってきて、ついバーボンを買ってしまった。バラが4つの、グリーンラベルのほう。何年ぶりかな? 酒瓶を横に置いて、布団でゴロゴロする夜は…。
 僕は元々、外より部屋で飲む方が多いのだ。電車の心配も要らないし、すぐ横になれるもんね。大抵オンザロックなんだけど、今回は珍しくストレートで飲んでたのよ。グラスは手元にあって、氷を取りに行くのが億劫でさ。冷えてないからチビリチビリとね、これが良い感じだったんだわ。高い酒じゃないんだよ、でも味わい深いというか。
 大体、酒の味って不思議じゃない? 苦いような辛いような、舌先を焼くような香ばしさ。口に含むたび、匂いなのか味なのか判別つかない芳醇な感覚に意識が向くのね。これ、何かで割って飲んでた時には気付かなかったなぁ。
 バーボンは、音楽が聴きたくなる酒だ。特に、ジャズとかハードロックを(R&Bとかブラックミュージック全般も範囲内だけど)。そうなると、つい聴き馴れた古い物を選んじゃうんだよねー。最近、新しいのって全然だし。
 なんだか長いこと、巷ではパンク系が流行っている様子。しかもナツメロを荒っぽく演ってたりして、そんでもって楽器は高級品で。曲調も直球というよりは変拍子だったり、ハモリが妙に上手だったりして凝ってるし。ま、色々なんだろうけどさ。
 ラップも、ずいぶん長く続いてるね。でも段々とダレ気味〜ってな感じもして、ややネタ切れっぽくない? それはそれで構わないけど、そういうのって一時期のパラパラって踊りを思い出しちゃう。手先だけ踊ってて腰も表情も動かない、80年代後半のユーロ以上に味気無い感じの。
 当時のユーロビートは、曲によってディスコ毎の振り付けがあったりしたのね。笛吹いて扇動する人に合わせてさ、全員で手旗信号みたいに決めるの。そういう「みんな一緒」的ノリが、昨今のJ−POP内パンク&ラップ部門に感じられたりしてね…。
 ロックンロールは、本来そういう予定調和を指向しない筈なんだが?!
「プラ〇ーン」という戦争映画に「ロックンロール」という台詞が出てくるの。規律第一の軍隊とロックじゃ矛盾してるよね? だけどあの場面はロックしてるんだ。言葉のニュアンスとしては「気合を入れろ」じゃなくて、「魂を奮い立たせろ」とか「クレイジーになりやがれ」という含みを持った使い方なのよ。

「セックス、ドラッグ&ロックンロール」ってフレーズは、ロックンロールの代名詞である前にイアン・〇ューリーの名曲でさ。僕が来日公演を観た時はもう、ブロックヘッズを率いる彼はすでに老人だったの。杖をついてステージ上に立ち、時には椅子に座って。それなのに本当にロックンロールしてたんだよ、あんな年寄りになりたいもんだぜ!
 でもさ、その代名詞に何故アルコールが入ってなかったんだろう? って、ずっと不思議だったの。だってロックのイメージ3大要素じゃん? 伝説的ロッカーに付き物じゃん(尾〇豊はフォークだから除外としても)?!
 だけど最近、それは正解だったのかもしれないって気がしてきた。
 もしも早死にしないで「酒が三度の飯代わり」なんつって酒浸りの日々を送っていると、下手すれば50代を前にアルコールによる痴呆と歩行障害&大小便の垂れ流しになったりするのよねー。糖尿病を併発すれば、更に四肢のマヒ/切断+失明などに至る可能性が高くなるって。実際、そういうのを何人も見ちゃうと(洒落になんねーな)って思う。
 老いてなおロケンロー、そこにはセックスもドラッグもアルコールも必要なかった訳だ。少なくとも、重要じゃない。だから未だ現役を張ってる大物ロッカー達はジム通いとかベジタリアンに転向したりするのか? うーん、それも何だか寂しいけれど。
 ロックンロールにも「継続は力なり」という言葉が当てはまるとして、でもそれじゃあ魂が奮い立つような感じじゃないんじゃないかなぁ…。それより「セックス、ドラッグ&ロックンロール」っていう型にはまらない意味で、ロックには「孤独は力なり」という言葉があってもいいよね。
 ロックンロールという何かは、そこにかかってくるんだと思う。っていうか、思いたい…。

平成16年10月18日


posted by tomsec at 15:54 | TrackBack(0) | 空想百景(ALL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月17日

55*裏カワイイ!

 熊が住宅地に出没するようになった(それが社会問題視されるようになった)のは、いつ頃からなんだろう?
 都心に住み暮らす生き物は、人間の営み抜きでは生きてゆけない。そして、そんな関東平野の真ん中で熊に同情する風潮も、浅く薄いよなぁ。
 しかし野生との接点と思われる場所も、今じゃあ都市近郊と変わりないんだよね。タイムカードとレシートで、山野との関わりを持たずに生きている人々に牛耳られている。つまり都市生活者だけでなく、熊の被害に遭っている地域でも、裏庭の手入れなんて荒れ放題になっても知った事じゃないんだ。

 猿の餌付けが問題になっている、そんなニュースがあったよね。問題になってるのは地域住民の間だけで、餌やり目当ての観光客は相変わらず押しかける状態。そこには餌付けで困っている人と儲けてる人がいて、要するに(パワーバランスの膠着)って奴か?
 ところで、病院の患者が屋上で鳩に餌をやるとするでしょ。老い先短い年寄りの楽しみとはいえ、衛生上かなり問題ある訳よ。公園で野良猫に餌付けをする人と一緒でさ、決して自分の家じゃしないんだよね。自分の場所は汚したくない、そんな偽善が見えかくれする自慰行為って何だろう?…思わず胸に手を当てちゃったりして。
 小動物に餌を与えるのと、孫に小遣いを与えるのって感覚的にニアじゃないかって気がするのね。可愛らしさって罪だわ、イイ女に貢ぐのも同じ心理なのかなぁ。それはともかく、可愛らしさを図式にして考えてみたのよ。
[小動物>子供>学生>オトナ人間(?)]
 これは「カワイイ!」の序列だね、つまり可愛い=環境に適合してない存在という仮定の。けど、人間の成熟と保護者的な態度が比例するとは限らなくて、その伝でいえばこういう図式も成り立つんだよね。
[赤ちゃん>オトナ的人間<老人]
 少し説明すると、つまり…「子供は小動物を可愛い対象として見るし、オトナとして成熟すると生意気なガキや年寄りも(カワイイ!)と思ったりする時がある。しかし老人がオトナを可愛い対象として見る事はなく、むしろオトナに反抗的ですらある」て事。
 環境に適合していない不器用さに「可愛い」があるんだとしたら、なんか「他人の不幸は蜜の味」って話みたいだな! って、そういう展開じゃなくて、自分が適合していると感じる状態(=順調で幸福な状態)なら、様々な事柄が愛らしく思えたりしないだろうか?…って事よ。
 たとえば、自分が世界の王様だと思いながら眺めてみると、他人の愚かさや非礼さにも寛容な気持ちになったりしないかなぁ。より高位な存在は無知を笑わないよね、それが無慈悲ゆえの寛大さだったとしても。
 広い日本庭園の池で、鯉に餌を投げてやる。鯉は口をパクパクさせて、互いを押しのけあいながら殺到してくる。それを見て、僕は目を細めながら呟くのさ。「池の鯉でも見やるように、人の世を眺めたいものだ」と。それが出来ればねぇ…。
 関係ないけど、ちっちゃい存在って狭い所が好きだよね。ハムスターも、人間の子供にしても。そういうの見てて、時折ふと(可愛さ余って憎さ二千倍!)とか思っちゃう。無性に意地悪したくなっちゃう、そういった残酷性ってのも不思議。
 キャラグッズの可愛らしい幼児性にも、うっすらと残酷性が感じられたりするよね。まるで色を塗る時に、下地に補色を塗っておくほうが鮮やかに発色するように。ある色をじーっと見て目を離すと、その補色が残像に残るように。うまく言えないんだけど、それも錯覚なんだろうか…?

 猿の群れでボスが交替すると、古いボスの子供は母猿に殺されるんだって。自然界にも子殺しがあり、やっぱ人間も暴力抜きに語れないよなぁ。…って、その辺の事を感情抜きに話し合うのは非常に困難だよね。特に女性に強い傾向だけど、男性でも結構いる気がするな。男性の場合は却って、自分で考えず仕入れた知識に頼るタイプだけど。

「女性性の傾向として、安らぎ(不快でない限り)=充足」
「男性性の傾向として、自由(不快でない限り)=充足」

平成15年2月11日
ku55.jpg


posted by tomsec at 18:59 | TrackBack(0) | 空想百景(ALL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする