2009年02月23日

トラバ雑想記5 近くて遠いアメリカのこと

『「我々は1番じゃないんだ!」アメリカが1番じゃない社会的12項目』
「二十歳街道まっしぐら」さんで見かけた記事です。
(参照元サイト、というか画像はこちら)

ちなみにトラバ先を参考に分かりやすくしてみました(画像クリックで大きな別窓が開きます)。
America is not No1_jp2s

いえ別に、ネガキャンしてるつもりではないんです。
あくまで、次への前振りといいますか。

「らばQ」さんの記事から2つ。
『あまりにもバカげている製品の「注意書き」いろいろ』
訴訟社会で、厳しいPL法によって消費者が守られている国です。
お国の事情があっての事なので、決して真似しないようにしましょう。

たとえば、子供のスーパーマンの衣装には「空は飛べません」と書いてあるそうです。

あるいはアイロンの注意事項に「着衣に使用しないこと」と書いてあったり。

石鹸に「普通の石鹸としてお使いください」・・・って、むしろ想像力を育てるような但し書きがあるらしいですよ。

どうやら取扱説明書やら契約書やらが、非常に難解かつ膨大な叙事詩になりそうです。
そこで、弁護士の出番なワケですね。

こちらも同じく「らばQ」さんから。
『思わず笑ってしまう…本当にあった法廷のやりとり集』
文脈で理解するのでなく、一字一句を厳格に証言させる必要性は分かりますが。
弁護士: あなたの誕生日はどの日ですか?
証人 : 7月15日です。
弁護士: どの年ですか?
証人 : 毎年です。
証人に技ありです。
弁護士: あなたは亡くなられた方とお知り合いでしたか?
証人 : はい。
弁護士: 亡くなる前ですか後ですか?
ほとんどイヤミです、それが仕事です。
弁護士: 確かにあなたは知性があり正直な人だと思いますが…。
証人 : ありがとうございます。宣誓をしていなければお世辞を返すところです。
証人も弁護士のようです。
弁護士: ドクター、あなたが解剖を始める前に、鼓動の確認はしましたか?
証人 : いいえ。
弁護士: 血圧は確認しましたか?
証人 : いいえ。
弁護士: では解剖を始めたときに患者が生きていた可能性もありますね?
証人 : ありません。
弁護士: なぜ確信が持てるのですか?
証人 : 彼の脳は机の上のビンの中にあったからです。
弁護士: なるほど、でもそれにもかかわらず患者が生きているということはありえますか?
証人 : ええ、生きていて、弁護士でも開業してることはありえます。(皮肉口調で)
アメリカン・ジョークの中には、弁護士ジョークというカテゴリーがあるそうですね。

知ってるようで知らない、摩訶不思議な国アメリカ。
なんでもアリフォルニア・・・なるほど!

posted by tomsec at 16:21| トラバ雑想記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

トラバ雑想記4 ブログパーツで音楽が♪

ブログパーツ、色々あるんですなぁ。
つくづく感心します。
で、こちら。
1年以上も更新されていないのが心配な、「ラボ・ブログ」さんの紹介されてるブログパーツ2件。


『水色のピアニカ』



右上のハテナにマウスを合わせると、キーボードの対応するキーが表示されます。
けれどマイPCではマウスでしか鳴らない。英数半角で出来ました〜
なので、和音が弾けるのかは不明です。2音ポリフォニックですね


で、更にコチラ。

『DD-65はデジタルパーカッション』



リンク先にはサイドバー用の他、フローティングパーツもあります。
モード切替で音色もラテン調やエスニック調が選べる仕様。

いやはやスゴイよなぁ!
僕は鍵盤も太鼓も勝手が分からないので、わざわざサイドバーに貼り付ける気にはなりませんが・・・。
ていうか仮にギター版があっても(へぇー)としか言いようがないかも?たらーっ(汗)

ま、製品版の手軽なサンプルですね。
しかし実物を確認できない、オンライン・ショッピングのもどかしさをカバーする発想ですよ。
だからこそピアニカとドラムマシンなんでしょう、さすがにギターだと握ってみないと分からないですし。

もしもピアノが弾けたなら、どこでも演れるピアニカは間違いなく買ってただろうなぁ。

デジタルパーカッションも、たとえば「太鼓の達人」みたいなゲームが好きだったら買っちゃうのかも。

・・・て、なんだか提灯記事みたいになってしまいましたが。
これも以前のウクレレブログパーツみたく、消滅しないとよいのだけれど・・・。 f(^_^;)"
posted by tomsec at 14:50| トラバ雑想記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

メキシコ旅情【後日談】

 あれから12年が経って、エドベンと再会しました。
 急きょ、彼が日本に来ると知って待ち合わせ場所に駆けつけたのです。


つづきはこちら
posted by tomsec at 20:59| メキシコ旅情12【帰郷編】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする