2005年03月27日

74*髪型の自由と不自由2

 前回の続きになるけど、モヒカンにされても同じバイトをしていたのね。
 その頃は「いろんな町で、いろんな仕事」がモットー(?)だったから、どんなバイトでも続いて半年程度だったんだけど…。バイトが任される仕事って限度があるからさ、3カ月もあれば覚える事がなくなっちゃうんだよね。で、ルーティンになってくると飽きるし。
 だから、そのバイトは例外的に長く続いた仕事だった訳だ。仕事もそうだけど、上司(つまりモヒカンにした人)との関係が大きかったと思う。やっぱ人は人のために働く部分があるじゃない? お金のため、以上に。
 まぁそれはさておき、モヒカンの1年後にカツラを買ったのよ。なんでだろう…? 理由はなくて、単に安かったからだと思う。商店街のワゴンセールで、確か2千円だったんだよね。ワゴンにヅラ、というのも阿佐ケ谷らしいよなぁ。
 夏のプールは来場者も多く、毎日ハードだ。仲間内の連携と団結力を維持する名目で飲み会やったり、夜の街に海パン一丁で繰り出したりしてた訳よ。四駆で深夜の東京名所巡りして、雷門や都庁や青学前なんかで写真撮ったりしてね。ブーメラン水着で。
 意味なく買っちゃったヅラが、案外そんな特別な日に活躍したんだな。さすがに安いだけあってダサくてチャチなの、だから洒落で被ったりもしてた。遠方の大学で一人暮らしを始めた友人宅へ行く時なんか、車の助手席に乗せて信号待ちの度に被っては「こんばんわー!」って勢いよく脱いだりしてね。相手が女のコだと、絶叫されたりして。
 あと六本木の路上とか、渋谷ハチ公の上とかでも被ってたっけな。いつも夜中だったけどね(笑)。
 それから何年も過ぎて、すっかりヅラなんて忘れた頃に京都で多くの友人が出来てさ。その一人が上京してくるっていうんで、その時の東京組で出迎えに行ったのよ。新幹線のホームに現地集合、もちろん僕は久々にヅラで。
 そしたら、向こうのほうからアフロのヅラ被ってる男が来る訳よ。よく見たら東京組の一人じゃない、何も打ち合わせてないのにね?! お互いヅラ同士、指さして大笑いだった。しかも両者ともギター抱えてるし…。さすがに他のメンツは、ウケる以前に(どうしたの?!)って顔してたけど。
 結局その時の一人に貰われていって、以降はヅラと縁がない。金髪にもモヒカンにもしないで、風呂場に新聞紙敷いて電動バリカンというスタイルで早10年。自分で切ると言っても丸刈りだからね、大した手間でもないし思いついたら月曜でも夜中でも出来るのが楽でいいんだ。
 ただ、近頃はバリカンも卒業気分なのかな…。僕が、じゃなくて相方のほうがね。充電も効かないし、電源コードを繋いでも歯切れ悪くて。じゃあ伸してみるか、昔の〇リエモンみたいに…? いやいや、それは止めとくわ。買い替える方向で。
 でも安くないんだよな、ネット・オークションで捜してみるかと考えたものの、バリカンは新品じゃないとね。通販で買ってもいいなって思える中古品ってさ、そう多くないかも。古着とか好きだけど、あれも現物を触ってみないと厭だし。
 だけど「ネットで買い物」ってのは、やってみると思ってたより楽しいのね。それで買ったゲームの(もうちょっと悩んでから決めれば良かったかナ〜?)って、買うほど欲しくはなかった筈が思考停止してたのは微妙だけど。楽しいといっても、実際の買い物というよりUFOキャッチャーに近いかも。ダウンロードの快感、みたいな。
 お金はエネルギーだと思うから、溜め込むより流れているほうが良い気がするのよ。でも心にフィードバックする流れを選択しないとね、物だけ増えても涸れてくる気がして。そして、物は増えた分だけ減らさないと。
「部屋は空虚な場所だが、そこを埋めてしまうと、その分だけ動きが妨げられてしまう」
 そんなタオの言葉があったけど、それは比喩であって実際でもあるよなぁ。

平成17年3月26日
ku74.JPG


posted by tomsec at 20:30 | TrackBack(0) | 空想百景(ALL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック