2005年04月15日

76*パーソナリティ

ku76.jpg
 ネクタイのセンス、これが分からないんだなぁ。
 洒落で作ってみたようなアート系の柄なんかはともかく、普通のネクタイね。趣味が良いとか野暮ったいとか、言われてみれば(確かになー)とは思うんだわ。だけど、いざ自分が手に取ってみたら区別が付かないんだろうなぁ…って。
 ま、身につける物のセンスって場数だよね。だけど、アクセサリーよりはネクタイ締めた回数のほうが多いのに、どうも分からないんだわ。とはいえ、アメカジっぽい格好が好きだからって「そっちのセンスなら自信あるの?」って問われても…ない訳ですが。
 初めて羽織った背広もネクタイも、親父のお下がりだったのよ。けど、その堅苦しさも(大人っぽさ)だと勘違いしてたっけ。文明開化の時代に舶来好みだった人達も、ひょっとしたら似たような気分だったのかも…なーんてね。

 ところで話は飛ぶけど、FMというのにはフォーマルな印象があるんだ。ま、他の放送メディアと比べたら、の話ね。一昔前の言い方をするなら、ハイ・ブロウな感じ。
 エスニックからハードコアから、ノイズ・ミュージックまでオンエアしてたんだよね。まぁ今じゃ想像できない感もあるけど、あらゆる音楽が流れてた。J〇WAVE以降、やたら喋りが多くなってヒットチャート専門に様変わりしちゃったからなぁ。
 実は最近、珍しくCDを買ったの。それもかつてFMの名番組だった「クロス〇ーバー・イレブン」を再現する企画盤。夜伽話の合間に音楽があるような、当時としても独特なスタイルだった。そして僕にとって、あの番組はFMの代名詞でもあったんだなって思う。
 聴き始めは、小学6年で東京から山口県に引っ越した頃。アニメっ子だった僕にとって、TVの民放が2つしかなかった上に再放送並みに古いアニメしか観られないのは「ショック??!」でさ。そんな訳で読書好きに拍車がかかり、ラジオを聴くようになったんだ。
 ジャズもハードロックも、僕にはFMから与えられたようなもんなのよ。夜更かしして、山の静けさが押し寄せてくるような空気の中でね。ちょうど、背伸びしたくなる年頃でもあったし。だけど部屋の壁は、びっしりアニメのポスターだらけだったりしてね。
 AM放送も、僕にブラック・ミュージックを教えてくれた。それは中学2年で東京に戻ってからで、FENを聴くと常に「ウーマン・ニーズ・ラブ」が流れてきてたんだ。英語のDJだからか、日本人の素っ頓狂な喋りみたく耳障りじゃなくてね。
 ちなみに、FENを知ったのは「ア〇リカン・グラフィティ」にも登場するDJのウルフマン・ジャックから。実際にラジオからウルフマン・ジャックの声が聞こえた時は、なんだか有名人に出くわしたような感動があったもんだ。

 自分の経験と想像だけで作文してると、どうも回顧調な言い回しに寄っちまうな。実際、J〇WAVE以前も「サウ〇ド・ストリート」みたくパーソナリティを看板にした番組はあった訳だし。ただ、選曲は個性的だったと思うよ。
 高校生ぐらいだったかなぁ、当時のハードコア・パンクで筆頭に挙げられるバンドの曲がかかったの。割と品の良い音楽を流すと思ってたFMでだから衝撃だったな、でも同時に、その音楽を別け隔てしない姿勢に共感もしたんだ。
 そして、その初めて耳にしたパンクの詞にも衝撃を受けたんだ。活字にすれば意味不明な「オレはぁ、アザラシー!」が、聴いていて凄く説得力があったのよ。読む事を前提に書かれた詩とは全然違う、歌われるための詞があるんだって知らなかったんだ。
 それはもちろん、ミチロウの声に負う部分が大きかったんだろうけど。ソウルが宿っていた、とでもいうか。だってあの歌詞を、たとえばカラオケで熱唱されてもねぇ…。
 歌う人間によっては、あれは「爆笑ソング」扱いじゃないのかなぁ。

平成17年4月14日

posted by tomsec at 03:05 | TrackBack(0) | 空想百景(ALL) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック