2007年03月28日

【'05台湾×2】07/続・列車の旅

 さて、新北投で1泊して、いよいよ南下です。
05tw07_1





 台湾にも駅弁文化がありまして、これもまた日本統治時代の名残のようです。せっかくですからコンビニ弁当ではなく、台北車站の鉄道ミュージアムみたいなコーナーで駅弁を購入。車窓を眺めつつ、半日がかりで高雄に向かいます。
 徐々に田園風景が増えて、家並みも趣きが変わっていきます。その景色の移ろいに(北部は外省人、南部は内省人)といった文化の差を感じて、見飽きるという事がありません。
05tw07_6
05tw07_7






そして時折、ぽつんとお墓が立っています。やや小ぶりですが沖縄のお墓に似ていて、緑一色の中でカラフルな中華装飾が目を引きます。
 そして稀に、ブルーグレイの地味な色遣いのお墓に気付いたりします。よく見ると白い縁取りの赤丸が描かれていて、まるで戦闘機のようです。きっと大戦中に、ここで撃墜された日本空軍兵士が眠っているのでしょう。そして地元の方々に今も(世代を越えて奉られてるのか)と思うと、深く心を打たれます。

05tw07_2(快車の様子)





05tw07_3(こちら普通車)





 ちょっと分かりにくいのですが快車は奥に車内販売の添乗員がいて、おそらくは補強を兼ねている円状の間仕切りが写っています。普通車はベンチシートの車両もありますが、それはそれで少し懐かしい感じがして好きです。
 急行に乗ると、湯沸し場が付いた車両もあります。これを実際に使っている人は見た事ないのですが、湯沸かし器の温度計を見た限りでは熱湯が出るようです。車内が満席だと、大荷物のオバチャンや部活帰りの女子高生がカウンター内を占領してますが・・・・・・。
 万が一、車両事故が起きたらと思うと二次災害が心配です。

 夜行列車で高雄〜台北間を移動した時、トイレに入ったら横向きでした。日本では普通、進行方向と同じ向きだと思うので・・・・・・。まぁ本当に些細な事なんですが、それだけに何か意味ありげに見えてしまったりもするのですね。そんなに横揺れが激しいとも感じなかったので、縦向きにしない理由が他にあるのでしょう。
05tw07_4






 夜行列車は寝台ではなく、普通の莒光号なんですね。高雄からの最終便は23:20発で、翌朝5:52台北着。ほとんど満席だったのは、クリスマスイブの前日だったせいなのでしょうか。僕の隣に座ったオバチャンは、ホームで見送る孫に手を振っていました。で、走り出すと速攻で席を倒して寝てましたが。
 僕は全然眠れませんでしたけどね、乗り過ごさないようにと緊張してましたし。でも台北で乗客が一斉に降りたので、熟睡していても目が覚めてたでしょう。

 電車に乗っていて、不思議に思う事がありました。
 乗降ドアが故障してたのか、1箇所だけ車掌が手動で開け閉めしていたんです。
 到着前にドア開けて、ホームで下りると指差し確認、出発後に無線連絡してからドア閉めてガチャリと鎖をかける・・・・・・の繰り返し。
 その車両に乗ってるのは、せいぜい5人ぐらいなんですね。鈍行ですし、乗降客も少ないんです。ドアに貼り紙でもして閉鎖しておけば済みそうなものを、しかも見ている僕にすれば車掌の方が危なっかしい訳です。
05tw07_5






 別な時に切符の行き先よりも手前で下車したら、わざわざ9元の差額を払い戻して受取証まで書かれてしまいました。コンビニで貰うレシートも、保管する義務があるそうなんですが・・・・・・。
 もちろん(おかしいから正すべきだ)とは思ってないんですよ、そういうふうに大雑把さと几帳面さが同居する人間味がまた魅力なんです。
posted by tomsec at 00:04| Comment(6) | TrackBack(0) | '05台湾×2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
駅弁。
プラスチックの箱に入ってるのですか。
なんとなくもう少し情緒を期待してしまった。

トイレ。
これって進行方向に頭が向くという感じなのでしょうか?
それって画期的のような。
日本の列車は、えーと、男性用(立ってするやつね)だと、
窓の方に向いてしまい、進行方向へは、
バッターボックスに経つような形になりますよね。
あれだとけっこうぐらぐら揺れるんだよなぁ。
あ!でも進行方向に向くと揺れた拍子に便器につくか。
Posted by M at 2007年03月30日 14:20
駅弁。
フタは厚紙ですが、プラスチックですね。
うーん、町並みに感じる情緒は日本人の目線なんですよねぇ。
プラスチックの普及率は、僕にはアジア的で風情ありますが。
衛生的とか環境的な部分もアジア的で、そこも魅力なのですが。
好みが分かれるところでしょう。

トイレ。
男性用というのは見かけなかったですね、車内では。
で、これは通路側に向く格好で腰を下ろすんですね。
つまり進行方向に対して、左打席で拝み込む感じ。
日本の列車は、たしか進行方向に頭が向いていたように思ったのですが・・・?
僕の思い違いだったとしたら、本文を訂正しなければ!
Posted by tom at 2007年03月30日 17:00
駅弁。
ぼくが中国で見た駅売りの弁当は、
なんというか、もっと「がさっ、ばさっ」という感じで、
きちんきちんと{おかずーごはん}と
区分けされてはなかったのですね。
でもたしかにプラスチックだったかも知れないけれど。
自分の弁当箱にご飯とその上におかずをよそってもらってる
そういう人もいたなぁ。

トイレ(日本)。
どうでしたっけ?
右打席だったような気も。
入ってすぐしゃがめるというやつですね。
Posted by M at 2007年03月31日 09:22
駅弁。
そうかぁー、中国の駅弁は大らかですなぁ!
おかず−ごはんが区分けされてない、丼物が好きな僕には嬉しいのかも。
自分の弁当箱を持ち歩く旅というのも、なんだか楽しそう。

トイレ(日本)。
右打席でしたっけ?
うわー、昔からそうなのか僕の記憶が古すぎるのか・・・!
もしかしたら日本の列車では、すでに和式じゃなくなってるのかも。

全然関係ないのだけど、前の仕事場で2万円以上の領収書に収入印紙を貼ってて「3万円以上からです」と注意を受けたのです。
だけど最近、テレビでその事がのクイズ問題に出て、一緒に観てた他の2人が「あれ、2万円からじゃなかった?」と言ったんですね。
なんか、そんな感じです(実に関係ないなぁ)。
Posted by tom at 2007年03月31日 16:21
ぼくもその場にいたような気がするのですが、
あの瞬間、「おぉ、みんな自営だ」と感心しました。
ぼくにはよくわからなかったのだけれど。
領収書ね。
Posted by M at 2007年04月01日 14:40
領収書、そうでしたね・・・。 f(^_^;)""
てことはTVのクイズ番組じゃなかった筈、では会話の流れだったのかな〜?
うーん、曖昧な記憶を類推で書き換えるという好例ですな!
いや好ましい例でもないけど、分かりやすいパターンね。

こういう事があるものだから、僕の記憶ってアテに出来ないんですよね〜。とほほ。
Posted by tom at 2007年04月01日 15:44

この記事へのトラックバック